いとう歯科クリニック

〒323-0812    
栃木県小山市土塔236-16
℡ 0285-31-4182  (さぁ!一番良い歯に)

診療時間 9時00分~13時00分 14時30分~18時30分


休診:木曜日・日曜日・祝祭日(祝祭日のある週は木曜も診療します)


アルバム

スリッパに履き替えてくださいね。

左が大人用のスリッパディスペンサーで、
右が子供用です。
大人用のディスペンサーは、赤いボタンを
押すと下から
最前より殺菌済みのスリッパが出てきます。

自慢の明るい診療室です。



明るくてとても気持ちがいいですよ~(^v^)/
診療中も天井の空をお楽しみください。

ジルコニア

高い強度を持つジルコニアですが、以前はフレームとしての使用に限定されていました。
現在では歯の形に加工する事が出来るようになり、チップするリスクは殆ど無くなりました。
更にこれまでよりも透明感を持つジルコニア冠も出てきました。
機能と審美性と強度を兼ね備えた歯をお奨めします。

上顎の前歯には古い冠の
段差や変色が見られます。



保険の冠の辺縁が露出して
黒い線が見え、審美性に欠け
不衛生になりやすい形です。



右上前歯が捻れていて、
左上前歯は色も変色しています。


上の前歯が揃い段差のない
自然な感じで入りました。

適合の良いジルコニア
冠が入り審美性を回復
清掃が楽になりました。

捻れや色を揃え
綺麗になりました。

アクアシステム

前歯部の配列が多少気になる方へプチ矯正のお知らせです。
マルチブラケットと呼ばれるボタンやワイヤー等の装置を使わずに、
型取り模型を加工してから製作された透明な薄いトレーを装着するだけで、
歯を移動させ矯正治療を行います。
全ての症例が可能という事でなく、スペース不足の大きい抜歯症例や
臼歯部の矯正が必要な症例、歯の圧下が必要な症例等は本格矯正が必要です。

下の前歯の配列が
入り乱れているので
矯正治療を行います。

特殊な透明なプラスチックプレートを
約1ヶ月毎に交換して入れ、
歯を動かします。

約8ヶ月後、移動が終了し
歯が綺麗に配列されました。
これより保定を行います。


インプラント

インプラント治療については埋入場所となる骨が不足するとそのまま埋入する事は出来ません。
骨の充分確保出来ている部位に埋入を行うか、不足する部位に骨を造成する必要があります。
現在様々な骨造成法、骨補填材の種類がありますが、詳しくはお尋ね下さい。
インプラントの上部構造は冠やブリッジのみならず、各種アタッチメント義歯などの維持装置としても
利用されています。また、現在は天然歯とインプラントの連結、ブリッジ等は行われず、
インプラント単独またはインプラント同士の連結に限られています。

奥歯2本歯が欠損し、
普段はバネ付きの
部分入れ歯を使用しています。

左下の奥歯に
インプラントを2本埋入し、
その後型採りした模型です。


入れ歯からインプラントとなり、
自分の歯同様にスッキリしました。
手前の金属冠もセラミックにしました。



左下の5番目の歯が欠損。
(金属冠の手前)

治療途中です。
インプラント埋入後キャップをして
1~3ヶ月程度骨がしっかり
付くのを待ちます。

セラミック冠が入り、
左側でもしっかり
咬めるようになりました。

上下の顎に欠損が見られます。咬むと上下の歯が当たらずにすれ違い、顎堤と歯が当たり、歯肉が傷つきます。まず健康保険による義歯をつくり使用してみます。保険の義歯は(根の残っている)残存歯にクラスプと呼ばれるバネが掛かります。審美的には入れ歯が入っている事が直ぐにばれてしまいます。また歯と粘膜で負担するタイプの入れ歯は、当たりや適合、粘膜の状態によっては、義歯の粘膜面の調整が頻繁に必要となる事があります。上顎も樹脂で覆われ違和感が大きく話しにくくなります。インプラントを埋入してブリッジを制作します。左下には先にインプラント上ブリッジが入りました。上顎には装着前のインプラントが見えます。埋入本数は必ずしも天然歯と同数ではなく、ブリッジの場合骨の状況により部位や本数を決めます。インプラント上ブリッジを装着しました。今回はスクリュー固定でネジ止めします。いざという時には外して掃除したり修理も可能です。アクセスする穴は樹脂で埋めておきます。バネは無く自分の歯と同じように見え、機能的にも粘膜のような沈み込みも無くしっかり咬めます。

磁性アタッチメント義歯


磁性アタッチメント義歯は天然歯の根やインプラントにキーパーと呼ばれる磁石の片方を入れ、
義歯の内面にも磁石の片方を入れ、磁力によって吸着させる義歯です。
大型欠損歯列の場合、多数のインプラントを埋入すると、肉体的、経済的負担が大きくなりますが、
少数の天然歯の加工又はインプラントの埋入と義歯の製作で機能と審美性を取り戻す事が可能です。


上下顎左右の奥歯が無く、
保険ならバネ付き部分入れ歯を
入れる所ですが・・・。

磁石付き入れ歯は「バネ」が無く、
磁石の力で顎に吸い付きます。
下顎は一部バネのままですが、
片手でも着脱可能です。

磁石付きの入れ歯で
バネは一切不要!!
見た目も綺麗です。

磁性アタッチメントの歯根側の
キーパーがスクリュータイプで
取り外し可能です。

上下の顎堤の高さが必要ですが
薄くてもチタン等の金属床義歯と
する事で強度を保つ事が可能です。

バネは一切不要!!
万が一事故や病気でMRI撮影
を行う時も着脱が可能です。


歯肉漂白


歯肉の表面のメラニン色素の沈着は薬剤やレーザーにより除去が可能です。
いずれも表面麻酔を塗ってから処置を行います。
一時的に歯肉が白っぽくなる変色がありますが、2週間程で元のピンク色の歯肉に戻ります。
金属の切削片などが入った辺縁歯肉の黒変等は歯肉漂白を行っても効果はありません。
歯を綺麗にしても歯肉が黒っぽいと美しさや清潔感に欠ける印象があります。

上下の歯肉が色素沈着して
黒くなっています。

冠を被せてから薬液による
歯肉の漂白中です。
一部歯肉が白くなっていますが、
殆ど痛みはありません。

健康な歯肉の色になりました。

歯牙漂白


ウォーキングブリーチ法と呼ばれる神経の治療を終えた無髄歯への処置になります。
現在この処置は健康保険の対象外となっています。
歯の形や配列や歯周病に問題が無く、歯の変色のみが気になる場合にはお勧めの治療です。


左上の前歯が変色しています。
神経の治療が済んでいる歯なので、
根管に薬剤を入れて繰り返し漂白します。

周りの歯と色が揃った所で、
根管も塞いで綺麗になりました。





 

6月 カレンダー

 

 

 

 

 

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

 26

27 

28 

29 

30 


ピンク・・・休診 

オレンジ・・・診療時間変更


★☆6月のお知らせ☆★

4日(月)は、12時~4時迄休診になります。
13日(水)は、休診になります。
14日(木)は、診療を行います。
23日(土)は、3時迄の診療になります。






 

7月 カレンダー

 1

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

 31

 

 

 

 


ピンク・・・休診 

オレンジ・・・診療時間変更


★☆7月のお知らせ☆★

2日(月)は、12時~4時迄休診になります。
11日(水)は、午前休診になります。
16日(月)は、休診になります。
19日(木)は、診療を行います。