いとう歯科クリニック

〒323-0812    
栃木県小山市土塔236-16
℡ 0285-31-4182  (さぁ!一番良い歯に)

診療時間 9時00分~13時00分 14時30分~18時30分


休診:木曜日・日曜日・祝祭日(祝祭日のある週は木曜も診療します)

保隙装置


保隙装置とは・・・乳歯が早く失われたとき、永久歯にはえかわるまでの間、
           その場所を確保しておくための装置です。


乳歯の役割

 食べ物を咬む

 咬むことで顎の発育を促します

 根が吸収されるまで残って、永久歯のスペースを確保します



もし、ひどい虫歯などで本来の抜ける時期よりも
              ずっと早期に乳歯が抜いてしまったら・・・

抜歯により生じた隙間の隣にある歯が、そのスペースに倒れてきます。
また、下顎の第一大臼歯(6歳臼歯)は乳歯を前方へ押しながら萌出してきます。
このため乳歯を早期に抜いていまうと、永久歯の萌出するスペースが不足となり歯列がデコボコになってしまいます。

保隙の種類

保隙は将来起こりうる歯列不正(デコボコ)を予防します。
保隙するための装置(保隙装置)にはいろいろな種類があります。

  • 歯に固定するタイプ(ワイヤーなどを用いたループなど)

   バンド・ループ ・ ・ ・ バンドを巻いた歯にワイヤーなどのループを取り付けて空隙を保ちます。
                 ループの下から歯が生えてきたら撤去します。



   クラウン・ループ ・ ・ ・本来バンドを巻く歯が虫歯になっている状態で、バンドを巻かずに乳歯冠を被せ、
                  その冠にループを取り付けたものです。 
                   バンド・ループと同じです。



   ディスタル・シュー ・ ・ ・ 第一大臼歯(6)が生えてくる前にE(第一乳臼歯)を喪失してしまった場合に使います。
                     Eの後ろに6が生えてきますが、Eが抜けてしまうと6は前方へ傾斜した位置に
                     生えてきてしまいます。
                     そこで、 Dを使って6の生えてくるガイドを作っていきます。

  • 取り外し出来るタイプ

   小児義歯 ・ ・ ・ 保隙と食べ物を噛む機能の回復目的で使う小児用の入れ歯です。自分で着脱出来ます。



抜いた歯の部位や本数、年齢などにより、使用する装置が異なります。
保隙装置は現在のところ保険が適応されていません。



メンテナンス

保隙装置を装着後、そのままというわけではありません。
永久歯が萌出してきて、歯肉の形態なども変わるため定期的に調整が必要になります。