いとう歯科クリニック

〒323-0812    
栃木県小山市土塔236-16
℡ 0285-31-4182  (さぁ!一番良い歯に)

診療時間 9時00分~13時00分 14時30分~18時30分


休診:木曜日・日曜日・祝祭日(祝祭日のある週は木曜も診療します)

生活歯髄切断

生活歯髄切断法とは ・ ・ ・

抜髄(神経を取ること)のように歯髄(神経)を全て除去してしまうのではなく、歯冠部分の歯髄だけを除去し、歯根部分の歯髄は残しておく治療です。

治療内容


歯冠部分の歯髄を除去し、歯根部分の歯髄は活かし切断面は水酸化カルシウムで封鎖します。
その部分の象牙質が再生し、根の神経が保存出来るのを期待します。



適応症例


主に、まだ歯根が完成していない若い永久歯(根尖未完成永久歯)に対して行います。
根尖未完成永久歯を抜髄すると、歯根がどんどん溶けて吸収されてしまい、いずれ抜歯になってしまう場合があります。(自己吸収)
また、歯根が未完成だと緊密な根管充填を行うのは困難なため、歯根の成長を止めずに、歯根の完成を待ちます。